はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / 裏ワザ / 【iPhone】アイフォンのタイマーを秒単位でセットする方法

【iPhone】アイフォンのタイマーを秒単位でセットする方法

裏ワザ iPhone入門 音声入力  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

忙しい現代社会。仕事にかまけて運動を怠った結果、いつの間にかぽっこりとお腹に脂肪がついていたなんてショックなこともありますよね。

このにくたらしい脂肪を取り除くためには、食事を減らすよりもまず先にやるべき事があります。それは運動です。身体をしっかり動かさない限り、悲しい事にいつまでたっても脂肪は燃焼せず、身体は太ったままです。

しかし、身体を動かさないといけないのは頭では十分わかっているものの、いざ行動に移そうとなるとなかなかできないのですよね。

最近ではそんな人のために自宅で簡単にできるトレーニング方法が巷では人気を集めているようです。特に、サーキットトレーニングと呼ばれる運動法は、30秒ごとに無酸素運動と有酸素運動を繰り返すだけで効果的に身体を鍛えられるそうなので、女性でも簡単にできるトレーニングになります。

そんなに良い方法があるならぜひ実践してみたいですね。ただ、このようなトレーニングを始めるためには一つ、準備しなければならないものがあります。それはタイマーです。

 

以前、【こちらの記事】で、スマホのタイマーを使ってスケジュールを30分刻みに組みたてる方法を紹介したのですが、今回はより短い感覚でスケジュールを組み立てないといけません。

アイフォンの時計アプリにはタイマーの機能もついていますが、普通の操作方法では1分単位でしかタイマーを設定できません。これではせっかくのサーキットトレーニングも上手にできませんので、今回はアイフォンのタイマーを秒単位に設定する裏技を紹介します。

 

■秒単位でタイマーを設定するSiri活用術

 

アイフォンのタイマーを秒単位で設定したい場合はSiriに依頼しましょう。
Siri起動

siriを起動後、【タイマーを30秒でセット】と言うと、たとえ秒単位であってもその通りにタイマーを設定してくれます。
タイマーを30秒でセット

カウントダウンスタートSiri

30秒が経過すると、アイフォンがアラーム音を鳴らして教えてくれます
タイマー終了

siriの便利な所は、いちいちタップして設定する必要がない所です。今回紹介した方法ならばトレーニングのせいで手汗をかいていたとしても、いちいち手を拭わずにタイマーをセットすることができます。アイフォンを汚さずにダイエットをしたい人にほどオススメのsiri活用術ですね。


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ