はじめてのかたはコチラ

andropp(あんどろっぷ)
スマホで困ったときのQ&Aサイト


トップページ / コラム / LINE(ライン) / LINEスタンプをホーム画面に!?「LINEランチャー」

LINEスタンプをホーム画面に!?「LINEランチャー」

LINE(ライン) 画面・待受 アプリ活用術 スマホ入門  この記事は約2分で読めるよ


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

自由度が高いAndroid(アンドロイド)のカスタマイズ機能は、ユーザーを度々悩ませてしまう機能なのかもしれません。

特に自由にカスタマイズできる範囲として、ホーム画面があります。
Android(アンドロイド)のホーム画面は、ホームアプリによって制御されており、OSで制御しているiPhone(アイフォン)と比べても、スマートフォンに個性が出しやすい部分ではあります。

そんなホームアプリに「LINE(ライン)ランチャー」と呼ばれるLINE(ライン)が作ったホームアプリをご存知でしょうか。

シンプルなデザインでありながらも、スマートフォンに特化した機能やLINE(ライン)ならではの機能が盛り沢山なホームアプリです。

LINE(ライン)ランチャーの事を知れば、きっと使いたくなるはずです。

Androidのホームアプリについて、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考に↓

Android(アンドロイド)でホーム画面をカスタマイズしてみよう!

 

広告

■デザインはシンプルでも高い機能性「LINEランチャー」

Screenshot_2016-05-04-12-29-06

 

デフォルトの状態のホーム画面では、標準で搭載されているAndroid(アンドロイド)のホームアプリと似たような構成になっていますが、アイコンに「バッテリー」と「ブースト」があります。
これは、スマートフォンを管理するウィジェットの1つで、ホーム画面のデザインを邪魔しない様にアプリのショートカット同様のデザインで配置されています。

バッテリーは、ショートカット名の部分にバッテリー残量が表示されており、タップすると、バッテリー残量の詳細が表示されます。

ブーストは、スマートフォンのメモリを開放する機能で、ワンタップすることで無駄なメモリの使用情報を削除してくれます。ちょっとでもスマートフォンが重いと感じたらこの機能を使えばいいでしょう。

 

広告

■個性を引き出すデザイン機能:「LINEランチャー」

Screenshot_2016-05-04-16-55-56

 

他のホームアプリと違って、LINE(ライン)ランチャーは、カスタマイズ性が高いホームアプリと言えます。
テーマショップを使えば、ホーム画面全体のデザインを変更することができるので、電話や電話帳のアイコンをテーマ別に統一することが可能です。

また、アイコンも自由に切り替えることができるので、テーマとは違った方向性のアイコンに設定するのもいいでしょう。

 

Screenshot_2016-05-04-12-58-18

 

そして、大きな目玉として、LINE(ライン)で使用しているスタンプをホーム画面に配置することができます。
つまり、メッセージのやり取り以外でもLINE(ライン)スタンプを使う機会があるというわけです。

ホーム画面のちょっと空いた隙間などにLINE(ライン)スタンプを配置して、自分だけのホーム画面を作りましょう。

Androidのホームアプリについて、詳しく知りたい方はこちらの記事を参考に↓

Android(アンドロイド)でホーム画面をカスタマイズしてみよう!


(ログインするとあとで読むリストに追加できます)

to-column-index


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ