はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / SIMカード / 毎月499MBまで無料で使える「0SIM(ゼロシム) 」

毎月499MBまで無料で使える「0SIM(ゼロシム) 」

SIMカード スマホ入門 2016.02.07

毎月499MBまで無料で使える「0SIM(ゼロシム)」

SIMカード
MVNO業界に大きな衝撃を与える商品が登場しました。
それがSo-netがサービスをする「0SIM」(ゼロシム)です。

0SIM(ゼロシム)は、データ通信だけであれば、499MBまで無料で使える特徴があり、あまりデータ通信をしないユーザーであれば、毎月の通信費を0円に抑えることが可能です。

もちろん、データ通信だけではなく、音声通話付きプラン、SMS付きプランもあるので、用途に合わせたプランで利用することができます。

では、0SIM(ゼロシム)の仕組みを具体的にご紹介していきましょう。

 

MVMOで定額通信に興味がある方はこちらの記事を参考に↓

パケット定額無制限の「ぷららモバイルLTE」

 

■0SIM(ゼロシム)の料金プランと注意点

499MBまで無料で使える0SIMですが、500MB以上の通信をした場合の料金はどうなるのでしょうか。

500MB以上の通信をおこなうと、100MBごとに100円が発生する仕組みになっており、月に600MBのデータ通信をおこなえば、100円の支払いだけで済むというわけですね。
この100MBで100円追加されるのは、2GBまでであり、2GB以上から5GBまでは1600円の支払いで済みます。

つまり、ガンガン利用したとしても支払いの最大支払い料は1600円になり、2GB未満の場合はデータ通信量に合わせて変動するわけです。

5GB以上使用した場合は、速度制限がはいり、速度制限を解除するためにはチャージ料を支払えば開放してもらえます。
ただし、チャージ料は、100MBで500円、500MBで2100円、1GBで3800円と高額になってしまいます。

0SIMの注意点としては、5GBまでリミット機能がないので、毎月0円で抑えたい場合は、ユーザー自身がデータ通信量を把握して499MBに抑える必要があります。

また、連続して3ヶ月間データ通信が行われなかった場合は自動で解約になってしまうので、それにも注意しましょう。

 

■音声通話、SMSを0SIM(ゼロシム)で利用する場合

0SIM(ゼロシム)が0円で利用できるのはデータ通信のみで、音声通話やSMSを利用する場合は月額基本料金が発生します。

音声通話の場合は、月額700円になっており、データ通信に関しては、データ通信プラン同様に499MBまで無料なので、電話やデータ通信をまったくしない場合は、月額700円で済むわけです。

SMSを利用する場合は、月額150円の支払いが必要です。こちらもデータ通信は0円から利用できるので、使い方によって安く抑えることができます。

音声通話の基本料金だけ見ても、他のMVNOでも1000円前後するのに対して、0SIMは700円なので、電話番号を保持したい場合などには有効なMVNOと言えるでしょう。

 

MVMOで定額通信に興味がある方はこちらの記事を参考に↓

パケット定額無制限の「ぷららモバイルLTE」


 

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ