はじめてのかたはコチラ


トップページ / コラム / ガジェット・アクセサリー / iPhoneで360°の写真や動画が撮影できる「Insta360 Nano」

iPhoneで360°の写真や動画が撮影できる「Insta360 Nano」

ガジェット・アクセサリー カメラ/写真・画像・動画 2016.10.26

vrcamdeg-002

画像元:http://data.thanko.jp/product/img-product/vrcamdeg-002.jpg

話題のVR(バーチャルリアリティ)の登場で注目されているカメラをご存知でしょうか?
VR(バーチャルリアリティ)に利用される映像を撮影できる360°カメラです。一瞬で、カメラを中心とした360°の空間を撮影してくれるので、VR(バーチャルリアリティ)ゴーグルを使えば、その場にいるかのような臨場感を得ることができますし、スマートフォンやPC上では、カメラを操作できるので、撮影した瞬間に別の方向では何が写っているのか見ることができるのですね。

その360°カメラをiPhone(アイフォン)で気軽に楽しめるアクセサリーとして、「Insta360 Nano(インスタ360ナノ)」が登場しました。

このInsta360 Nano(インスタ360ナノ)で何ができるのかを詳しく見ていきましょう。

【公式サイト】Insta360 Nano
高性能カメラを搭載したスマートフォンに興味がある方はこちらの記事を参考に↓
ライカレンズを搭載したスマートフォン「HUAWEI P9/P9 Plus」

■使い方はシンプル。iPhoneに挿して装着。これで360°映像が撮影できる

vrcamdeg-005

画像元:http://data.thanko.jp/product/img-product/vrcamdeg-005.jpg

Insta360 Nano(インスタ360ナノ)の基本的な使い方としては、Insta360 Nano(インスタ360ナノ)に搭載されているライトニング端子をiPhone(アイフォン)に挿入するだけです。
あとは、iPhone(アイフォン)の大画面でカメラが映し出す映像を確認しながら、静止画や動画の撮影ができます。

Insta360 Nano(インスタ360ナノ)には、デュアル魚眼レンズが搭載されており、3040×1520の3Kの映像撮影ができます。

動画撮影時には、Insta360 Nano(インスタ360ナノ)に挿入できるマイクロSDカードと接続したiPhone(アイフォン)のどちらかに保存することが可能です。もし、iPhone(アイフォン)の本体データ保存領域に余裕が無い場合は、別途に用意したマイクロSDカードに保存すればいいわけです。

■その場で見れるからパーティなどで大活躍!!

Insta360 Nano(インスタ360ナノ)の大きな特徴はやはり、ライトニング端子によるデータ転送です。
似たような商品は数多く登場していますが、データ転送はWi-Fiなどのワイヤレスに依存しており、その場で撮影した写真や動画を確認しようとすると、iPhone(アイフォン)に転送しないといけないので、転送時間がかかっていました。

しかし、Insta360 Nano(インスタ360ナノ)はライトニング端子で直に接続しているので、確認する場合はすぐに写真、動画を開くことができます。

なので、パーティなどでテーブルに座ったまま、360°カメラで全員を撮影してその場で確認して盛り上がるといった使い方もできるのです。
折りたたみ式のVR(バーチャルリアリティ)ゴーグルも用意しておけば、パーティで人気者になるのは間違いないでしょう。

高性能カメラを搭載したスマートフォンに興味がある方はこちらの記事を参考に↓
ライカレンズを搭載したスマートフォン「HUAWEI P9/P9 Plus」


 

関連コラム

関連Q&A

答えてQ&A

あんどろっぷとは?

あんどろっぷは、スマートフォンの疑問や問題を、質問して解決できる
国内最大級のスマホQAサイトです。

あんどろっぷ特集記事

人気のコラム

新着コラム

人気Q&A

新着Q&A


ページトップへ